武漢市と友好都市の大分市がマスク3万枚を支援

中国で感染が拡大している新型コロナウイルスによる肺炎。28日、湖北省の保健当局は27日の1日で新たに24人の死亡が確認されたと発表。これにより、新型コロナウイルスによる肺炎での死者は、計106人と急拡大した。

この記事の画像(7枚)

そんな中、日本から武漢市に支援をしている自治体がある。それは武漢市と友好都市の関係にある大分市だ。

大分市は27日、感染防止に役立ててもらおうと、備蓄しているマスク3万枚を支援物資として武漢市に発送した。

発送されたマスク 提供:大分市

武漢市と友好都市の関係にある大分市だが、交流の面でも影響が出ていて、武漢の料理人を招き、交流40周年を記念したイベント「武漢点心屋台村」 を2月8日開催で計画していた。しかし、感染の拡大を受け、武漢市の職員と協議した結果、イベントの延期を決めたという。

また、武漢市長を招き、3月26日に予定していた交流40周年記念式典も延期。
そして、3月に大分市内の中学生5人が武漢市を訪れる事業についても今年度は中止となった。

提供:大分市

今回マスクを送る段ボールには中国語で「武漢 頑張れ!」とメッセージが書かれていた。
現在封鎖状態にある武漢市だが、マスク3万枚を無事に届けることができるのか。そして、武漢市との日頃の関係を大分市文化国際課にお話を伺った。

通常は3、4日で届くが…

ーー大分市と武漢市は友好都市の関係にあるが、日頃から人の交流やイベントがある?

1979年に友好都市を締結し今年が40周年となります。これまでも、農業、商業、学生、スポーツ、各年の訪問団派遣など、などさまざまな分野で交流を続けています。


ーー武漢市は現在封鎖状態にあるがマスク3万枚は無事届けられる?どのように届ける?

本市からの提案により武漢市で受け入れていただけるようになりました。郵便局へ27日持ち込みをいたしました。武漢市より紅十字の指定があり、武漢紅十字会を通じて武漢市の方々へお配りします。

提供:大分市

ーーマスクはいつ到着する予定?

27日、郵便局に聞き取りをしたところ、通常は3、4日で届くが、春節、ウイルスの状況にあるため到着日はわからないとのことです。

ーーマスク3万枚に込められた思いは?

一日も早く平穏な生活に戻られることをお祈りしています。


ーー今後さらなる支援をする予定は?

武漢市との調整の中で、さらなる支援が必要な場合はできる限り対応する予定です。

武漢市の病院では全員がマスク姿

新型コロナウイルスの拡大によってイベントが延期、中止されるなど国際交流にも影響が出ているが、マスク3万枚を支援するなど国際交流自体が途絶えた訳ではない。無事にマスクが武漢に届き、平穏な日常が戻ることを祈るばかりだ。

「感染拡大…新型コロナウイルス」特集をすべて見る!