プレスリリース配信元:EMPOWER

G20 EMPOWERアライアンスは、各国の知見と経験を結集した「G20 EMPOWERベストプラクティス・プレイブック2021」を公表



2021年9月21日
EMPOWER日本共同代表

ニュースリリース
G20 EMPOWERアライアンスは、各国の知見と経験を結集したG20 EMPOWERベストプラクティス・プレイブック2021」を公表

G20 EMPOWERベストプラクティス・プレイブック2021は、G20 EMPOWERに賛同するG20 EMPOWERアドボケート各社・団体の有志から、リーダーシップ層における女性の活躍を加速するために実施してきた優良な施策、行動、戦略などに関する情報を収集し、G20 EMPOWERナレッジパートナーであるボストンコンサルティンググループと協働で分析、とりまとめをおこなったものです。

実際の経験に基づく優良事例を世界に向けて公表することで、G20 EMPOWERアライアンス内外の関係者が相互に学び、変革をもたらすことを目的としています。同プレイブックは、23か国139社・団体から(日本からは12社・団体のアドボケートから)160を超えるベストプラクティスを掲載しており、本年のG20 EMPOWERアライアンスの主要活動成果の一つになりました。

G20 EMPOWERベストプラクティス・プレイブック2021では、各国から寄せられた事例を、その主な取り組み内容に応じて(1)改善に向けた測定、(2)効率的で持続可能な女性人材育成とパイプラインの強化、(3)女性がリードする未来、の3領域に分けて分析しており、それぞれの取り組みが「取締役会における女性比率」「管理職層における女性比率」「昇進に占める女性比率」「男女の給与格差」等の主要な指標のうちいずれに実質的なインパクトをもたらしたか、またその成果はどのようなものか等、戦略的かつ実務的な示唆が満載されています。

本年10月11日及び12日には、G20 EMPOWERアライアンスとナレッジパートナーであるボストンコンサルティンググループとが共催で、ベストプラクティスから得られる示唆をより深く議論するグローバル・オンラインイベントを開催予定です。

G20 EMPOWERは今後も、アドボケートの皆さま、政府関係機関と連携し、リーダーシップ層における女性のエンパワーメントを加速し、多様な人財があらゆるレベルで活躍し、経済、社会に貢献する活動を進めてまいります。

G20 EMPOWERの概要
名称:Private sector alliance for the Empowerment and Progression of Women’s Economic Representation(G20 EMPOWER)

概要: 日本が議長国を務めた2019年6月のG20大阪サミット首脳宣言において発足への歓迎と支持が明記され、2020年より本格的に立ち上げられた「経済・ビジネスにおける主要な役割を担う女性の増加とエンパワーメント達成のための民間セクターのアライアンス」

民間ビジネスセクターの意思決定層、経営層における女性の活躍を推進
G20諸国を中心として、民間企業・団体が政府関係機関と連携
G20首脳に対し、活動の進捗報告、提言


代表者:
日本共同代表アキレス美知子(SAPジャパン株式会社人事戦略特別顧問、横浜市参与、三井住友信託銀行株式会社社外取締役、2019年W20運営委員、2018-2021年W20代表)
日本共同代表塚原月子(株式会社カレイディスト代表取締役、2019年W20運営委員会事務局長)

アドボケート(G20 EMPOWERの活動への賛同者): 企業・経済団体等31社・団体(2021年8月27日現在)

報道関係からのお問い合わせ先
日本共同代表 塚原月子info@kaleidist.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。