プレスリリース配信元:株式会社viviane

韓国ドラマ好き300人を対象に、「韓ドラをリメイクして成功したと思う作品は?」のアンケート調査を実施。

動画配信の横断検索サービス「1Screen( https://1screen.tv )」を運営する株式会社viviane(本社:東京都渋谷区・代表取締役:田辺大樹)は、2021年8月30日~9月1日までドラマが好きな全国10代~60代の男女300名を対象に「韓ドラをリメイクして成功したと思う作品は?」を調査するWebアンケートを行ったので、その結果を公開します。


今年に入ってから放送された『知ってるワイフ』や『彼女はキレイだった』など、たびたび目にすることが増えた韓国ドラマのリメイク作品。

実はこれまでにも、日本でヒットを記録したリメイクドラマは数多くあります。なかには、韓国ドラマのリメイクという前情報なしで高評価を得た作品も。

そこで今回は韓ドラファン300人を対象に、「韓国ドラマをリメイクして成功したと思う作品は?」のアンケートを実施。

投票結果を公開するとともに、リメイク成功の秘訣を探っていきます。

※本調査内容をご利用いただく場合は、弊社サービスのクレジット「1Screen( https://1screen.tv )」の表記をお願いします。

■質問内容
韓ドラをリメイクして成功したと思う作品は?


■調査結果



1位『美男ですね』……79票
回答理由:
「韓国ドラマを日本でリメイクすると韓国ドラマならではの魅力や面白さが出ないことが多いが、『美男ですね』は原作に忠実であったと感じる。キャストもあっていてとても面白かった。」(20代女性)

「キャスティングが大成功で、結果的に韓国ドラマのリメイクだとは全く気付かないような作品に仕上がっていると思いました。芸能人との隠れた恋という設定が、当時の学生や若者に大反響だった覚えがあります。」(30代女性)

「韓国版とはまた違った良さがあったと思います。メンバーをジャニーズで固めたのもよかったと思います。特に玉森さんはハマり役でした。」(30代女性)

2位『グッド・ドクター』……64票
回答理由:
「山崎賢人の演技がとても上手くて引き込まれたことと、内容も見ていて感動するシーンがあって全話みようと思えたからです。」(20代女性)

「大体のドラマはリメイクして、韓国のドラマが良すぎて期待外れのパターンばかりの中、このドラマはリメイク感を感じさせなかったドラマだったから、成功だと思いました。」(20代女性)

「ほかのドラマは韓国ドラマのリメイクであることや、豪華なキャストが話題になることが多かった気がしますが、このドラマは山崎賢人さんの演技そのものが話題になることが多かった気がします。元ネタとは関係なく、作品そのものが受容された結果だと思います。」(40代女性)

3位『知ってるワイフ』……62票
回答理由:
「自分の周りはみんな観ていた。最後まで目が離せない展開だったし、主演の広瀬アリスと大倉忠義のキャスティングはバッチリだった。」(20代女性)

「主役、脇役ともに配役のチョイスがよかったと思います。韓国版より先に日本版を視聴しましたが、とても考えさせられる話でしたし、終わり方もよく満足な作品でした。」(30代男性)

「時間に追われて心の余裕がない様子が見事に描かれており、またタイムスリップ前と後とで変わっていく主人公の心情を見事に演じられていました。国関係なく抱える夫婦間の問題だと感じさせ、惹き込まれた作品でした。」(30代女性)

※全文は弊社メディア「ciatr by 1Screen( https://ciatr.jp/topics/319518 )」で公開されています。

■総評:リメイク成功の秘訣は「納得のキャスティング」と「国共通の価値観」
1位に輝いたのは、『美男ですね』でした。本作では瀧本美織がヒロインを演じ、Kis-My-Ft2の玉森裕太や藤ヶ谷太輔、Hey! Say! JUMPの八乙女光と共演しています。

本作が支持された理由としては、「メンバーをジャニーズで固めたことで、アイドルファンの心を掴んだ」「芸能人との隠れた恋愛はどの国でも夢中になれるストーリー」というのが大きかったようです。

2位は山崎賢人が主演を務めた『グッド・ドクター』でした。本作は、韓国ドラマがもとになっていると知らずに観ていた視聴者も多かったよう。それだけ違和感なく、日本のドラマとして溶け込んでいたということでしょう。

本作については、山崎賢人というキャスティングの成功、および彼の演技を高く評価する声が多く集まりました。

そして3位は、今年1月に放送されたばかりの『知ってるワイフ』でした。本作では、関ジャニ∞の大倉忠義と広瀬アリスが夫婦役を演じています。

本作もまた、キャスティングを高く評価する声が集まりました。さらに本作で描かれた「夫婦関係の破綻と修復」というテーマも、国共通で共感できるものだったようです。

さらに4位の『シグナル』『ボイス110緊急指令室』の評価なども含めて考察してみると、リメイク成功の秘訣となるのは、日本版で「納得のキャスティング」がなされているかどうか、また「国共通の価値観」で共感できるストーリーかどうか、ということになります。

今後も韓国ドラマを日本でリメイクするとなれば、これらの要素はマストで盛り込む必要が出てくるのではないでしょうか。

人気の韓国ドラマおよび国内ドラマの配信状況については、1Screen( https://1screen.tv )を利用することで、数々の動画配信サービスから気になる作品の配信情報をかんたんに、まとめて探すことができます。

ぜひドラマの世界をもっともっと楽しんでみてくださいね。

■調査概要
対象者:全国10代~60代までの男女
回答数:300名
調査方法:Webアンケート
アンケート実施期間:2021年8月30日~9月1日
※本調査内容をご利用いただく場合は、弊社サービスのクレジット「1Screen( https://1screen.tv )」の表記をお願いします。

■1Screen(ワンスクリーン)概要



動画配信まるわかり!1Screen(ワンスクリーン)では数々の動画配信サービスから、気になる映画の配信情報をかんたんに、まとめて探すことができます。
URL: https://1screen.tv
β版提供開始日:2020年10月13日
検索できる動画配信サービス:Disney+ / dTV / Hulu / Netflix / U-NEXT / VideoMarket / TSUTAYA TV

■会社概要
会社名:株式会社viviane
本社所在地:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-25-5 島田ビル5階
代表取締役:田辺大樹
設立:2012年3月14日
URL: https://viviane.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。