プレスリリース配信元:株式会社tetote

企業ブランディングを目的にしたノベルティ事業『ブラノベ!』を運営する株式会社tetote(横浜市 代表 三浦雄司)は、全国の20代から60代の社会人240人を対象に 「ノベルティに関する意識調査」を実施しました。その調査から、ユーザーが企業のノベルティに抱いているイメージや本音が明らかになりました。その調査結果を2021年9月21日より公開します。





【75%が「迷惑」と回答?! 迷惑なノベルティ1位のアイテムは?】

「あなたがこれまでに企業からもらったノベルティの中で、迷惑だと感じたものはなんですか?(複数回答可 最大3つまで)」に対し、「迷惑だったことはない」と回答した人は24.6%。それ以外の75.4%は過去に「迷惑なノベルティ」 をもらったことがあることが明らかになりました。迷惑だったノベルティの1位はステッカーで29.6% 、2位は壁掛けカレンダーで27.9%、3位はクリアファイルで22.1%でした。





【「迷惑」な理由の上位は実用性とデザイン性】

「あなたが企業のノベルティを受け取って「迷惑だ」と感じた理由を、最大3つまで選んでください」に対し、一番多かった回答が「実用性が低いから」で44.2%でした。また、「デザインが好きではないから」26.3%、「企業名やロゴが大きすぎる」25.8%と続いています。




【意外な結果!「アイテム」は迷惑でも「気持ち」は嬉しい?ユーザーの心理とは】

一方で、ノベルティに対する「気持ち」の調査では意外な結果が。
「あなたが『企業からノベルティをもらうとき』の気持ちで、あてはまるものを全て選んでください」に対し、「ノベルティをくれる気持ちは嬉しい」と回答した人は39.6%で最も多く、次に「複数から好きなものを選べるノベルティなら嬉しい」で35.4%、「他に手に入らないものなら嬉しい」が33.3%でした。約9割のユーザーは「企業がノベルティをくれる」ことに関しては、好印象を持っていることがわかりました。つまり、アイテムは迷惑でも、ノベルティ自体は「嬉しい」というユーザーの心理が明らかになりました。



【ユーザーは「ギフト性の高いノベルティ」を求めている?】

「あなたは、ノベルティは企業にとって「どうあるべき」だと思いますか?」に対し、「ギフト性が高いもの」と回答した人は38.8%で最も多く、次に「顧客満足に貢献」と「認知度アップ」が27.9%。「社会貢献性が高いもの」が20.4%でした。


この結果を受けて、株式会社tetote代表の三浦雄司は、「ノベルティをもらって迷惑だと思ったことが、75.4%と多くの人が体験している。私自身も使われずに捨てられる企業ノベルティやカレンダーの現実に直面した原体験から起業し、従来のノベルティをアップデートしたサービスを始めました。調査で消費者は『モノ』よりも『ギフト』を求めていることが明らかになりました。『モノを渡すこと』の価値を高める事業を展開していきたい」と話します。

【調査結果まとめ】


過去に迷惑なノベルティ をもらったことがある人は全体の75.4%
迷惑なノベルティ1位はステッカー、2位は壁掛けカレンダー、3位はクリアファイル
迷惑な理由は、実用性の低さとデザイン性の低さ
全体の9割はノベルティ に対しては「嬉しい」と回答している
アイテムは「迷惑」なものもあるが、ノベルティ自体は期待値が高い
ノベルティに求めるものは「ギフト性の高さ」


株式会社tetoteは、「モノづくり×広告」を考える会社として2020年10月に設立。代表の三浦雄司は、印刷メーカー、ブランディングを手掛ける広告系コンサルティングファームで培った経験を活かし、「企業ノベルティをギフトに変える」ことで、企業と生活者のコミュニケーションをつくるサービスを展開します。


新商品ブランディングカレンダーをリリース!


企業カレンダーは「カタログから選んでロゴを小さく名入れする」のが基本的なつくり方。アウトプットは差別化しづらいのが課題でした。



企業のオリジナルカラーを選べる、パッケージまで入ってギフトにもなる、発送も可能。手のひらサイズのカレンダーをつくりました。あたらしい企業カレンダーで、大切なお客様に感謝の気持ちを伝えませんか?

ブランディングカレンダー コンセプトムービー




企業向けノベルティカスタムサービス『ブラノベ!』をリリース!


実用性がある・ギフトのような・デザインがイマイチ・気持ちが伝わる。この辺りのノベルティへのニーズに応えるような、企業向けカスタムノベルティサービスが「ブラノベ!」です。



企業からユーザーへ気持ちを届ける。ブランディングも可能とする、ギフトのようなコミュニケーションツールをつくりました。
1番人気のボディーバーム。手指消毒が欠かせない時代に、手に優しく
 紙製スマホスタンド。大きな面を使ってのデザインが可能です。
マスクケース。布のような手触りのあるケースで企業カラーを表現出来ます。


すべてのアイテムは企業のオリジナルギフトとしてパッケージ可能です


広告プロモーションではなく、感謝や想いを、企業からユーザーへ届けませんか?


企業向け完全オリジナルギフトを考案する『マーケギフト』も同時ローンチ!




お客様のココロを動かす、企業ギフトを。Marke Gift(マーケギフト)は、過去に作ったノベルティの紹介、実際にノベルティを作った企業担当者、マーケターの声などを掲載するメディアです。
過去につくったオリジナルノベルティの事例


代表ミウラが企業ギフトの魅力に迫ります
【「ノベルティに関する意識調査」の調査概要】
調査主体:株式会社tetote
調査方法:インターネット調査
調査対象:全国の20代~60代の男女(パート、学生、主婦などは除く社会人に限る)
有効回答数:240
調査日:2021年7月13日~14日

【企業概要】
株式会社tetote
https://www.tetote.gift
所在地: 神奈川県横浜市都筑区中川中央1-30-1 3F-28
代表 三浦雄司

ブラノベ!:https://bra-nove.com
MarkeGift(マーケギフト):https://marke-gift.com

公式Twitter:https://twitter.com/miura_tetote
公式Instagram:https://www.instagram.com/tetote_gift/
公式note:https://note.com/tetote_m
noteに代表の三浦がより詳しく調査結果を解説しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。