食事のカロリーを気にするなど健康志向が高まる中、思いっきりその逆を行くネーミングのパンが売られていたという投稿がTwitterで話題となっている。

それがこちらだ。


「近所のパン屋さんで心を鷲掴みされました。」

Twitterユーザーの「折原」(@orihara13)さんがコメントとともに投稿したのは、「行け!カロリーの大海原へ!デブの方舟」(290円)というパン。

パンの具材はメンチカツや豚カツ、ウインナーや焼きそばで、ピザソースとたくさんのマヨネーズとチーズがかかっている。
がっつり系の総菜パンが好きな人にはたまらないだろうが、そのネーミング通り、見た目もかなりカロリーのありそうなパンだ。

美味しいだがカロリーが気になる…
この記事の画像(4枚)


Twitterでは「『カロリーの大海原』ってパワーワードすぎません」「カロリー高そうなのに290円ってコスパが割といいな」などの声があり、約4万2千件のリツイート、約12万1千件のいいねがつくなど大きな反響となっている。(1月29日現在)

ネーミングセンスの光るこの商品をなぜ作ろうと思ったのか、そして、実際に売れ行きはどうなのか?「デブの方舟」を販売しているGEM fabriqueの代表である高畑めぐみさんに話を聞いた。

きっかけは「攻めのスタイルを忘れかけていたから」

ーーなぜこの商品を作ろうと思った?

流行の健康志向のパンを作りすぎて、GEMらしい攻めのスタイルを忘れかけていたからです。


ーーいつから販売?

2019年5月からです。


ーー商品名は誰が考えた?

GEM代表である私が考えました。


ーーなぜこのネーミングに?

いかにもデブの好きそうな要素を乗せたようなパンになったからです。


ーーどんな味?

ピザと揚げ物と茶色いものの旨味が一緒になった感じの味であり、そこがおすすめポイントです。


ーーカロリーはどれくらい?

不明です。考えたこともなかったです。(笑)


「デブの方舟」を販売しているGEM fabrique大網店

「1日に30~50個程度売れます」

ーーお客さんの反応は?

「めちゃめちゃおいしそうだけどやばいし!ってか名前ウケる...」と言いながら他のパンに逃げる。正々堂々買いに来る方もいらっしゃいます。


ーーどんなお客さんが買っていく?

息子や孫に買っていく年配の方から、休日には若いファミリー層の方々までチャレンジャーは幅広いです。


ーー売り上げは?

日によりますが、30〜50個くらいです。


ーー失礼ですが、ちなみにパンの考案者は太め?

8年前に起業した時は、まだシュッとしてましたが、かなり太りました。身長158センチ体重は秘密です。31歳女性、A型の乙女座、独身。
趣味は庭でバーベキューで、特技はパンの大量生産です。


ーー変わり種のパンは他にある?

豚ミンチと半熟卵を丸ごと包んだ「豚玉左衛門」(ぶたたまざえもん)や、あんこ100gが入ったずっしりと、重たいあんぱんです。


ーー反響はあった?

Twitterでバズってたこと自体知らず、取材依頼の電話で初めてこの事態を知りました。反響はありましたね。本当にありがたいです。
お店に、お問い合わせの電話が殺到しています。


攻めのスタイルを取り戻すために作られたという、美味しいものを詰め込んだ「デブの方舟」。
カロリー摂取は自己責任だが、気になる人はGEM fabrique大網店で手に入れて、カロリーの大海原へ漕ぎ出してみてはいかが。