20日の「αism」は、地域を巻き込み持続可能な取り組みに挑む塗装会社に迫った。

岩手山など多くの山々に囲まれた町、岩手・盛岡市。

この地で塗装や左官工事などを行う川上塗装工業。

川上塗装工業・川上冴華専務取締役「わたしたちは岩手県のSDGsの先進的な企業になりたいという思いがあり、中小企業が変わると地域が変わると思っている」

川上塗装工業が行っている「リンクアップウエス」という活動。

「ウエス」とは、塗装作業や清掃などに使われる布のこと。

以前は専門のウエスを年間30kg分購入していたが、今ではそれら全てを家庭の不要になった布でまかなっている。

さらに販売も行い、収益をインドの綿農家などに寄付していくという。

布を提供した人「結構まとまった量が出て、家の中でもたまりがちだった。自分も世界の役に立っているなと、普通に生活をしていても感じることができるので、すごくうれしい」

この取り組みは新たな仕事にもつながっている。

盛岡市内の福祉作業所「ミカサ」。

仕事が慢性的に不足している状態だったが、家庭から回収したウエスの裁断を行っている。

福祉作業所「ミカサ」・田中和子さん「皆さんの仕事が増えるということは、工賃向上のためにありがたい。(福祉作業所の)利用者さんって、人の役に立っているとか、やりがいとか目標とか、そういうのがあると生き生きとするし、携われて皆さんもやりがいがあるんじゃないかなと思う」

環境や地域のために塗装会社が始めたこの取り組み。

今後は、SDGsを学ぶためのイベントなども開催していく予定だという。

川上塗装工業・川上専務取締役「SDGsが大きなことってとらえられがちだが、本当は自分たちの生活の中から始められることというのが、たくさんあるというのを知ってほしくて。わたしたちは岩手県のSDGsの先進的な企業になりたいという思いがあり、中小企業が変わると地域が変わると思っている。そういうのをわたしたちが先陣を切ってやることによって、周りの企業も自分たちもできるんじゃないかとか、そういう意識を持ってもらいたい」