プレスリリース配信元:全国木材協同組合連合会

全国木材協同組合連合会(会長:松原 正和、所在地:東京都千代田区)では、木材利用の推進や木材関連産業の健全な発展を図りもって社会経済の発展に寄与することを目的とする外構部の木質化対策支援事業の一環として、外構部の木質化施工事例を公開します。 紹介する事例は、国産材等を使い木材の合法性や耐久性確保などの条件を満たした施設で、一般消費者向けのウェブマガジン、SNSに公開し、広く外構部の木質化のバリエーションや工法等をお伝えします。 また、施工から完成までのストーリーを施主と施工者のインタビューを交えて紹介するとともに、新聞・雑誌と連動した広報を行います。



■Works 外構部の木質化施工事例:
https://love.kinohei.jp/works/
・紹介件数 27件(2020年1月29日時点)
・掲載内容


・掲載例


■Story 施主・施工者インタビュー:
第一弾 四世代続く庭。~陽当たりの悪い日本庭園を家族が集い楽しむ庭へ~
https://love.kinohei.jp/story/18_index_detail.php



■ウェブマガジン、SNS:


Love Kinohei 木に変える。わたしも変わる!
木でつくるナチュラルガーデンスタイル
https://love.kinohei.jp/

Facebook https://www.facebook.com/lovekinohei/
Twitter https://twitter.com/lovekinohei/
Instagram https://www.instagram.com/lovekinohei/


これまで木材があまり使われてこなかったエクステリアをウッドチェンジ※することを目指して、様々なテーマ※※とのかけあわせによって国産材を使ったエクステリアの魅力を広く一般消費者に伝えていきます。

※ ウッドチェンジ・・・現状ではあまり木材が使われていない建築物や外構の木造化、木質化を進め、国内の健全な森林管理や資源の有効利用を促します。
※※ テーマ・・・家族、SDGs、アウトドア・トラベル、DIY、ペット、グルメなど


■事業の内容:

当サイト・SNSを運営する「外構部の木質化対策支援事業」では、人と環境にやさしい資材である木材を塀や柵、ウッドデッキ、門扉、門柱などに利用することを通じて、「伐って、使って、植えて、育てる」木材資源の循環利用を実現することによって、持続可能な社会の維持や美しく住みやすい暮らしの確保に取り組む事業者を支援します。

外構部の木質化対策支援事業ウェブサイト https://www.kinohei.jp/

お問い合わせ先:
外構部の木質化対策支援事業
全国木材協同組合連合会 外構部の木質化対策支援事業事務局
Tel:03-3592-1221 E-maill:info@kinohei.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ