敬老の日のイベントはこちらでも…。

記者リポート

「水槽の中で元気に泳いでいるのは、国内最高齢のイロワケイルカセーラちゃんです」

イロワケイルカの「セーラ」。年齢は30歳で、全国の水族館で飼育されている、イロワケイルカ6頭の中で、最高齢です。

20日は、敬老の日のお祝いとして大好物のイカナゴやオキアミなどを使った手作りの氷のケーキがプレゼントされました。

アナウンス

「好奇心旺盛だが、少しビビりな性格。ケーキに行くまでに時間がかかるかも」

水槽に入れてから5分。氷のケーキが溶け出すと…。

子供

「あ、食べてる!」

アナウンス

「今、アジを食べていましたね」

水族館によりますとイロワケイルカは、飼育数が少ないことから、平均寿命は分かっていません。ただ「セーラ」の30歳という年齢は、これまで国内で飼育されてきたイロワケイルカの中で、最も長生きだということです。

子供

Q.イルカどうですか?

「かわいかった」

Q.ケーキどうでしたか

「すごかった。アジが入っていて」

仙台うみの杜水族館イロワケイルカ担当 安藤菜穂さん

「なかなかいないイロワケイルカなので、セーラを通じてイロワケイルカのことを知ってもらえたら」