東京都内の女子高生の遺体を山梨県内に遺棄した疑いで逮捕された20代の夫婦が、殺人の疑いで、警視庁に再逮捕された。

殺人の疑いで再逮捕された小森章平容疑者(27)と妻の和美容疑者(28)は8月30日ごろ、都内の女子高生(18)の首をロープで締めつけ、背中を刃物で複数回刺して殺害した疑いが持たれている。

死体遺棄容疑で逮捕された際、夫婦は「ロープで首を絞めて背中を刺した」などと話していたが、現在は黙秘している。

また、小森容疑者は、「2年前に女子高生がツイッターに掲載したイラストに興味を持ち、連絡を取り合うようになった」などと話しているという。