自民党総裁選に立候補した4人が19日朝、フジテレビの「日曜報道 THE PRIME」に出演し、年金や給与の問題について、論戦を交わした。

河野規制改革相「いくら年金がもらえるのかという心配が、もうすでに今始まっている。この制度を本当に維持していけるのか」

野田幹事長代行「日本の年金制度は、世界一信頼が高い。いたずらに不安をあおるようなことをしてはいけない」

河野規制改革相「じゃあ、人口が増えるんですか!」

野田幹事長代行「計算上しっかりできている」

岸田前政調会長「最大の問題は、厚生年金と国民年金の格差の大きさ。わたしは、厚生年金を広げる方向で、努力を続けるべきだと思う」

高市前総務相「年金制度改革は、一定程度行われました。今の保険制度を維持しながら、しっかり成長を生み出していくと」

年金問題のほか、給与所得をどう向上させるかも議論となった。

河野規制改革相は、高い給与が得られる成長産業に移るための訓練を受けられる制度の充実や、雇用体系による賃金格差の是正を挙げた。

一方、岸田前政調会長は、看護師や保育士などの賃金引き上げを促す公的価格の見直しや、高所得者が税制面で優遇される、いわゆる「1億円の壁」の打破などを訴えた。

高市前総務相は、従業員の給与を上げた企業の、法人税での優遇を挙げた。

さらに、企業の現金や預金に対して課税し、給与を上げた場合は免除するとの案を示した。

野田幹事長代行は、コロナ禍を収束させ、経済を再開させることで非正規の雇用の回復を図り、「同一労働同一賃金を実現し、全体の賃金を引き上げる」とした。

【関連記事はこちら】
自民党総裁選2021