すでに冠水の場所も…列島縦断の見込み

発達した雨雲を伴い、18日にかけて日本列島を横断する台風14号。
関東も大雨となる恐れがあるが、九州・四国地方ではすでに冠水する場所も出ている。

この記事の画像(5枚)

17日、台風の接近に伴い、JR西日本は山陽新幹線の広島-博多間で午後から96本の運休を決定。
長崎県では離島と佐世保市を結ぶ船が全便欠航になるなど、すでに各地で交通機関に影響が出ている。

また、高知県では四万十町で午後8時半までの6時間の雨量が302ミリになるなど、観測史上最多を記録した。
一時、氾濫危険水位となった蛎瀬川が流れる黒潮町のホームセンターでは、売り物の一部が水に漬かるなどスタッフが対応に追われていた。

17日夜遅く、四国付近を通過する見込みの台風14号。
九州では今夜いっぱい雨や風の強い状態が続き、土砂災害などへ警戒が必要となる。

その後は、18日朝にかけて日本列島を横断。
関東には18日の夜から19日早朝にかけて最も近付くと見られており、雨のピークを迎える18日から3連休の中頃まで、強い風などの影響に注意が必要だ。

(「イット!」9月17日放送分より)