2020年11月  福井市内で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転し、パトカーから逃走中に2人が死傷する事故を起こした被告の男の裁判員裁判。
9月14日の裁判では被告への質問が行われ、被告の男は被害者に謝罪を述べる一方で、「衝突直前までの記憶がない」と繰り返した。

危険運転か過失運転か…異なる刑の重さ

危険運転致死傷と酒気帯び運転などの罪に問われているのは、福井市新田塚1丁目の元会社役員で坂田達磨被告(47)。

起訴状などによると、坂田被告は2020年11月、福井市内で酒気帯び状態で乗用車を運転し、パトカーの追跡から逃走。交差点に侵入して、軽乗用車と衝突し、軽乗用車の助手席にいた女子大学生(当時18)が死亡し、運転していた男子大学生も重傷を負った。

この記事の画像(11枚)

福井地裁で開かれている裁判員裁判2日目に、被告への質問が行われた。
弁護側から今の気持ちを聞かれた坂田被告は、「本当に尊い命を奪って本当に申し訳ない。どんなに謝っても許してもらえると思っていない」と小声で謝罪の言葉を述べた。

一方、検察側からは、事故の経緯や詳しい状況を聞かれたが、「パトカーの追跡に気づき、1回目に左折してから衝突する直前までの記憶がない」と繰り返した。

起訴状などによると、坂田被告は逃走の際、時速約105kmまで加速していたとされる。裁判で検察側は「被告は、車の進行を制御することが困難な速度で走行し、それを認識していた」などと指摘し、より刑が重い危険運転の適用を主張しているが、弁護側は過失だと反論している。

今回の裁判の争点は、被告に2人死傷という重大な罪を犯す意識があったのか、なかったのか、という点。

【検察側】
・事故直前、時速105kmまで加速していた
・被告は事故現場付近に土地勘があり、高速での走行が重大事故につながることを見通していた

以上の事から「車の運転を制御することが困難な速度であり、それを認識していた」として危険運転致死傷罪が成立すると主張。

【弁護側】
・事故当時の運転にふらつきはない
・被告は、パトカーに追跡されて頭が真っ白になり、スピードや交差点に気付かなかった

以上の事から「制御困難な高速度の危険運転ではなかった」として過失運転致死傷罪を適応すべきだと主張。

危険運転と過失運転では、刑の重さが違う。
危険運転致死傷罪ならば、人を死亡させた場合、最高20年の懲役となるのに対し、過失運転致死傷罪では、最高で懲役7年以下と大きく異なる。

「一生、刑務所に入っていてほしい」

今回の裁判では、死亡した女子大学生の父親が、被害者参加制度で法廷に立ち、娘への思い、被告への憎しみを証言した。13日の初公判では、検察側は証拠として、被告の車のドライブレコーダーの映像を法廷内で流した。

映像には、被告がスマートフォンのようなものを片手に持ち、陽気な声で話しながら運転する姿や、追跡してきたパトカーに気づいた際、「やっべ」と発言して猛スピードで逃げる様子などが収められていた。

また、死亡した女子大学生の父親が証言台に立ち、「身勝手な行動で、許せない気持ちでいっぱいだ。(娘を)返してほしいと言っても叶わないので、一生かかっても罪を償ってほしい。一生、刑務所に入っていてほしい」と静かな口調で訴えた。

また14日は、衝突された車を運転していた男子大学生が書面を提出し、「自分が代わりに死ねばよかったと思うなど自分を責めた。被告人には最も重い判決を下してほしい」と胸の内を明かした。

福井地裁で開かれている裁判員裁判3日目の15日。

検察側は「衝突の原因は、進行を制御することが困難な高速度で運転したこと」「土地勘などから、追突を回避できないような速度で走行していることの認識があったことも明白」などと指摘し、「極めて危険な運転で被害結果も重大」として懲役10年を求刑した。

一方、弁護側は、「パトカーに追跡され頭が真っ白になり、通常の精神状態でなかった」などとして、危険運転ではなく、より刑の軽い過失運転致死傷が適用されるとした。

裁判の最後に坂田被告は「どんなことを言っても許してもらえるとは思っていない。私は身を持って償うしかない。本当に申し訳ございません」と時折、声を詰まらせながら謝罪した。
判決は9月21日に言い渡される。

(福井テレビ)