自民党総裁選が17日告示され、河野規制改革担当大臣、岸田前政調会長、高市前総務大臣、野田幹事長代行の4人による選挙戦がスタートした。

17日から始まる論戦を通じて、全国の党員にどうアピールするかが大きな焦点となるが、野田氏の参戦により各陣営とも戦略の見直しを迫られている。

特に、知名度を武器に党員票で圧倒したい河野氏から野田氏に票が流れるのでは、との見方があり、河野陣営としては、世論調査で人気の高い小泉氏、石破氏とのタッグ「小石河連合」で、「改革路線」を訴える見通しだ。

また安倍前総理が全面支援する高市氏にとっても、野田氏の出馬で「唯一の女性候補」をアピールできなくなったことが痛手、との指摘も上がっている。

一方、票が分散することで、一回目の投票で過半数をとる候補が出ず、決選投票にもつれ込む可能性も出ている。その場合、岸田陣営からは、河野氏に反発する保守派の受け皿になる展開に期待が集まるなど、決選投票をにらんだ動きも活発化しそうだ。

15時会見予定。

※ストリーミングのため、配信が遅れることがあります

【関連記事はこちら】
4候補で総裁選スタート 河野氏、岸田氏、高市氏、野田氏