宝塚音楽学校で、第108期生の合格発表が行われた。

新型コロナウイルスの感染拡大を懸念して、発表はインターネット。

競争倍率21.3倍の狭き門を突破した人だけが、制服の採寸などのために学校を訪れた。

合格した人は「あったーって言いました」、「5分くらいつながらなかったので、ずっとドキドキしてました」などと話した。

「未来のタカラジェンヌ」は、これから2年間レッスンに励み、憧れのトップスターを目指す。

(関西テレビ)