北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)総書記の妹・与正(ヨジョン)氏は15日午後に談話を発表、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領がミサイルの発射試験を視察した際に、不適切な発言をしたと断じ、「南北関係は完全に破壊されるだろう」と警告した。

韓国は15日、SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)の発射試験を行った。

試験には文在寅大統領が立ち会い、「ミサイル戦力の増強が北朝鮮の挑発に対する抑止力になる」と述べた。

これに対して、金与正氏は談話を発表し、挑発という言葉に大きな遺憾を表明、「蒙昧(もうまい)なことこのうえない」と批判した。

そのうえで、「対抗措置を取らざるを得ず、南北関係は完全に破壊されるだろう」と警告した。