マスクせずチラシ配布 市議を厳重注意

テレビ大分
テレビ大分
国内

ワクチン接種をめぐり、市民に不安を与える行動をしたとして、市議会議員を厳重注意。

大分県の臼杵市議会によると、若林純一議員は8月、市内の中学校や駅の周辺で、マスクを着用せずに、新型コロナワクチンの接種の停止を求めるチラシを配布したとして、市民から苦情が寄せられていた。

これを受け、市議会は、市民に不安を与える行動だとして、若林議員を厳重注意とした。

若林純一議員市議「苦情を言われる方は、自分の考えと違うところがあるとは思うが、私は恣意(しい)的に何かを曲げたりとかではなく、今の現状をお伝えしたいということだけをやってきたつもり」

市議会は、若林議員の今後の行動を注視するとしている。

大分県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
×