妻と子どもの3人を殺害した罪に問われた元警察官の男。

福岡高裁は、一審の死刑判決を支持し控訴を棄却。

この裁判は、福岡県警の元巡査部長・中田充被告(43)が、2017年6月、福岡・小郡市の自宅で、妻の由紀子さんと長男の涼介君、長女の実優ちゃんの3人を殺害した罪に問われたもの。

中田被告は一貫して無罪を主張したものの、一審の福岡地裁は、事件当時の状況から、犯人は被告以外にいないと認定して死刑を言い渡していた。

15日の判決で福岡高裁は、「3名を殺害したという結果が誠に重大」としたうえで、「犯行態様が全体として悪質」として、一審の死刑判決を支持し、控訴を棄却した。