自民党総裁選をめぐり、石破元幹事長は15日、出馬断念を正式に表明し、小泉環境相に続いて、河野規制改革相の支持を表明する見通し。

今後、情勢はどう動くのか、国会記者会館からフジテレビ政治部・門脇功樹記者が中継でお伝えする。

世論調査で人気の高い、河野・小泉・石破3氏の連携に、ライバル陣営は警戒を強めているが、「劇薬だ。やりすぎると逆効果になる」との声も出ている。

石破氏は15日午後、自身の派閥の会合で不出馬と河野氏支持を表明する方針で、総裁選は、河野氏・岸田前政調会長・高市前総務相の3人を軸とした構図が固まりつつある。

一方、小泉氏は14日夜、最大派閥の細田派が高市・岸田両氏の支持を決めたことに対し、「河野氏は絶対ダメというのはわかりやすい」と対決姿勢を鮮明にした。

これに対し、党内からは「あおって敵を増やす発言だ。河野氏にプラスにならない」と懸念する声も出ている。

岸田前政調会長「4番バッターを、3人も4人もそろえて野球に勝てるかということではある」

党内には、「3人の連携は劇薬だ」との声も出ており、高市氏は「3者連合」に反発する議員の取り込みを狙い、15日もあいさつ回りを続ける。

一方、野田幹事長代行は14日夜、ブログに「残された期間で準備に入る覚悟をした」と書き込み、推薦人20人の確保に向けた調整を続けており、17日の告示に向けた動きが活発になっている。

【関連記事はこちら】
自民党総裁選2021