プレスリリース配信元:SDKI Inc.

SDKI Inc.が「パイロジェンテスト市場ーグローバル予測2030年」の新調査レポートを2021年09月14日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-105008


パイロジェンテスト市場は、2020年に927百万米ドルの価値を保持しました。2022年に1,177百万米ドルの市場価値から、2030年までに2,717百万米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に12.7%のCAGRで成長すると予想されています。


調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/pyrogen-testing-market/105008

パイロジェンは、注射を担当する発熱ポストに影響を与える問題です。体の痛みと体温の上昇は、有害なパイロジェンが体内に注入されることによって発生する異常な反応です。パイロジェンテストは、動物の体温を引き起こすエンドトキシンやその他の細菌の副産物の存在を定義します。パイロジェンテスト市場の成長は、感染症の発生率の上昇やパンデミックの頻度の増加、製薬およびバイオテクノロジー業界での研究開発の増加などの要因によって推進されています。また、個別化医療への注目の高まり、と慢性疾患の有病率の上昇もパイロジェンテスト市場の成長に貢献しています。さらに、新製品の開発と発売は、メーカーが優位を維持し、市場で最大の収益シェアを獲得するために獲得した重要な戦略です。また、技術の進歩と新薬の発売は、パイロジェンテスト市場の成長のための機会を生み出しています。しかし、高度な市場統合は、今後数年間でパイロジェンテスト市場の成長を制限する可能性があります。

パイロジェンテスト市場セグメント

パイロジェンテスト市場は、製品とサービス別(アッセイ、キットと試薬、機器、サービス)、テストタイプ別(LALテスト(発色テスト、タービジメトリーテスト、およびゲル凝固テスト)、インビトロ、ウサギ)、エンドユーザー別(医薬品、バイオテクノロジー、医療機器)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

製品とサービスに基づいて、アッセイ、キットと試薬セグメントは、予測期間中に、パイロジェンテスト市場で最も高い成長率を占めると予想されます。

製品とサービスに基づいて、パイロジェンテスト市場は、アッセイ、キットと試薬、機器、およびサービスに分割されます。アッセイ、キットと試薬セグメントは、2019年にパイロジェンテスト市場で最も高い成長率を占めました。機器と比較して多数のアッセイ、キットと試薬の要件は、このセグメントの高い成長率に貢献する主な要因です。さらに、このセグメントの成長は、機器と比較してアッセイ、キットと試薬を繰り返し購入していること、およびキットベースのテストに対する嗜好が高まっていることにも起因している可能性があります。

LALテストセグメントが最大なCAGRを占めました。

テストタイプに基づいて、パイロジェンテスト市場はLALテスト、インビトロテスト、およびウサギテストに分割されます。LALテストセグメントはさらに、発色テスト、タービジメトリーテスト、およびゲル凝固テストに分類されます。2019年には、LALテストセグメントが最も高い成長率を占めました。革新的な臨床検査手順の必要性の高まり、健康基準の向上、薬剤パイプラインの拡大、およびワクチン開発へのサポートの増加が、このセグメントの成長を推進する主な要因です。

パイロジェンテスト市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。アジア太平洋地域のパイロジェンテスト市場は、予測期間中に最大のCAGRを登録すると予測されます。この地域の成長は、中国と日本を中心に見込まれています。新興アジア諸国の主要な市場プレーヤーによる拡大、とインドや中国などのアジア諸国への医薬品のアウトソーシングの増加傾向などの要因が、この地域のパイロジェンテスト市場の成長を後押ししています。一方、2019年には、北米が世界のパイロジェンテスト市場の最大のシェアを占めました。この成長は、製薬とバイオ医薬品研究への高額な支出、医薬品パイプラインの増加、および医薬品承認の増加に起因しています。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:

アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

パイロジェンテスト市場の主要なキープレーヤー

パイロジェンテスト市場の主要なキープレーヤーには、Charles River Laboratories、Inc.(米国)、Lonza(スイス)、Merck KGaA(ドイツ)、Thermo Fisher Scientific、Inc.(米国)、Associates of Cape Cod、Inc.(米国)、GenScript Biotech Corporation(中国)、bioMérieux SA(フランス)、FUJIFILM Wako Pure Chemical Corporation(日本)、Eurofins Scientific(ルクセンブール)、WuXi AppTec(中国)、Hycult Biotech(スイス)、Ellab A / S(デンマーク)、Microcoat Biotechnologie GmbH(ドイツ)、InvivoGen(米国) 、Nelson Laboratories、LLC(米国)などがあります。この調査には、パイロジェンテスト市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-105008

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ