プレスリリース配信元:SDKI Inc.

SDKI Inc.が「トークン化市場ー世界的な予測2030年」の新調査レポートを2021年09月14日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-106156


トークン化市場は、2020年に19.0億米ドルの価値を保持しました。2022年に27.1億米ドルの市場価値から、2030年までに94.3億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に19.5%のCAGRで成長すると予想されています。


調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/tokenization-market/106156

規制へのコンプライアンスを維持する必要性の高まり、継続的な顧客体験の確保、と不正防止レベルを維持する必要性の高まり、および非接触型決済に対する顧客の連携の強化は、トークン化市場の成長を牽引する主な要因です。また、金融取引の場合のデータセキュリティの懸念と不正行為の高まりにより、トークン化ソリューションの需要が高まっています。さらに、銀行アプリケーションとクレジットカード所有者の増加は、トークン化の需要にプラスの影響を与えています。クラウドベースのトークン化ソリューションに対する需要の高まりは、さらに有利なトークン化市場の成長の機会を生み出します。しかし、トークンに関する知識と理解の欠如、エンドユーザー間の暗号化とトークン化の間のあいまいさ、およびトークン化と不正防止の実装の複雑さの増大は、トークン化市場の成長を抑制する可能性があります。

トークン化市場セグメント

トークン化市場は、コンポーネント別(ソリューション、サービス)、アプリケーション領域別(支払いセキュリティ、ユーザー認証、コンプライアンス管理)、トークン化手法別(APIベース、ゲートウェイベース)、展開モード別(オンプレミス、クラウド)、組織規模別(SME、大企業) 、業種別(BFSI、ヘルスケア、ITとITes、政府、小売とeコマース、エネルギーとユーティリティ)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

トークン化手法に基づいて、APIベースセグメントは予測期間中に最も高い速度で成長すると予想されます。

トークン化APIの助けを借りて、顧客はローカルサーバーに重要な情報を保存するリスクを軽減します。顧客は、GatewayAPIのPOST /注文サービスを利用して新しい支払いをリクエストできます。APIは、GET関数を使用してPANの詳細を取得するのに役立ちます。一方、作成および更新機能は、データをトークン化し、以前にトークン化されたデータを更新するために使用されます。社内の技術チームを持つ組織は、APIベースのソリューションを好みます。これは、これらの組織にがより複雑な支払いニーズがあり、ビジネスは複数の地域に分散しているためです。これがこのセグメントの成長を後押ししています。

トークン化市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。アジア太平洋地域(APAC)のトークン化市場は、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。APACエコノミーは、特にeコマースにおいて、決済イノベーションの増加で高い成長を遂げています。アジアの消費者は、オンラインショッピングと支払いのためのシームレスで簡単かつ安全なデジタルインフラストラクチャを期待しています。この地域の消費者は、国内外のオンライン取引にさまざまな支払い方法を使用しています。したがって、APACの企業は、支払い方法の確保に対する需要の高まりに直面しています。拡大するeコマース環境が直面するサイバー脅威がますます増大しているため、APACでの決済セキュリティ支出に対する懸念も高まっています。したがって、APACのトークン化市場は、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:

アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

トークン化市場の主要なキープレーヤー

トークン化市場の主要なキープレーヤーには、Fiserv(米国)、Mastercard(米国)、Visa(米国)、Micro Focus(英国)、American Express(米国)、HelpSystems(米国)、MeaWallet(ノルウェー)、Thales TCT(フランス)、CipherCloud(米国)、Futurex(米国)米国)、TokenEx(米国)、nCipher(英国)、VeriFone(米国)、Bluefin Payment Systems(米国)、Marqeta(米国)などがあります。この調査には、トークン化市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-106156

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ