ワクチンの3回接種をめぐって、本格検討が始まる。

田村厚労相「17日を一応の日程として考えていて、その中でしっかりと議論していただきたい」

14日、田村厚労相は、3回目のワクチン接種について、17日にも、専門家などによるワクチン分科会で本格的な議論を始めることを明らかにした。

3回目の接種をめぐっては、ファイザー社やモデルナ社で、安全性や抗体の量の変化などを評価する臨床試験が進められている。

田村大臣は、これらのデータをふまえ、結論はなるべく早く出したいと説明した。

一方、14日、全国では新たに6,277人の感染を確認。

13日時点での重症者は1,905人で、6日連続で減少している。

>>>【データでみる新型コロナ / ワクチン】 特設ページ