台風14号の影響で、週末は九州から北海道にかけて、急に荒れた天気となるおそれがある。

台風から暖かく湿った空気が流れ込んだため、14日は、九州付近で秋雨前線の活動が活発になった。

鹿児島・西之表市では、午後2時45分までの1時間に、49.5mmの激しい雨を観測した。

台風14号は、このあと、16日ごろまで東シナ海をゆっくり進み、17日には速度を上げながら東へ進んで、日本海で温帯低気圧に変わる見込み。

ただ、台風から温帯低気圧に変わっても、週末は九州から北海道にかけて雨や風が強まり、急に荒れた天気となるおそれがある。

最新の気象情報を確認するとともに、台風への備えは早めに行う必要がある。