2020年9月に、福島県の猪苗代湖で、航行中のボートに8歳の男の子が巻き込まれ死亡した事故で、東京都の会社役員の男が逮捕された。

福島県警前から、福島テレビ・阿部加奈子記者が中継でお伝えする。

8歳の男の子が亡くなり、2人が重軽傷を負ったボート事故は発生から1年がたち、ようやく進展した。

この事故は、2020年9月6日に、福島・会津若松市の猪苗代湖で、水上オートバイで遊ぶため、ライフジャケットを着けて湖面に浮いていた男女4人が、航行中のボートに巻き込まれ、当時8歳の豊田瑛大君が死亡し、2人が重傷を負ったもの。

警察は、この事故でボートを操縦していた東京・中央区の会社役員、佐藤剛容疑者(44)を、必要な安全確認を怠っていたとして、業務上過失致死傷の容疑で逮捕した。

当時、佐藤容疑者は、知人など10人を乗せて、およそ10メートルの大型ボートを運転していて、4人をひいたあと、そのまま走り去っていた。

警察の調べに対し、佐藤容疑者は「身に覚えがない」と、容疑を否認しているという。

警察では、これまでボートの特定と関係者から事情を聴くなどして捜査を進め、容疑が固まったことから、14日、東京駅近くにいた佐藤容疑者を逮捕した。

佐藤容疑者は、会津若松警察署に移送されていて、警察では、事故当時の状況などをくわしく聴き、捜査を進めることにしている。