この記事の画像(6枚)

ライバルの弱点を補え!コンセプトは“日持ちする使い勝手がよいお菓子”

お伊勢参りのおみやげで有名なのは「赤福」だが、それに負けないおいしいものがたくさんある。

三重県伊勢市のおはらい町にある「五十鈴茶屋」。この夏の新商品は、自家製あんを使った「あんパウンドケーキ」だ。

三重県産の米粉を使ったバターが香るしっとりとした生地の中に、北海道産小豆を使った自慢のあんを入れた。ようかんを作る製法で四角に成型。冷やすとさらにおいしい、老舗和菓子店の技術を凝縮した逸品だ。

新商品は、2020年に休業を余儀なくされた間に開発された。重点を置いたのは、日持ちしにくい赤福の弱点を補う“日持ちする使い勝手がよいお菓子“を作ること。

第一弾として、2021年5月に「和ガトーショコラ」(1000円 冷蔵で約20日保存)を発売。ほうじ茶の香りとほのかな苦みが特徴のケーキだ。

そして、7月に発売した「あんパウンドケーキ(こしあん)」(1200円)は、初日に200本を売り上げた。

パウンドケーキにあんこが入っているユニークな「五十鈴茶屋」の新商品は、オンラインショップでも購入することができる。

(東海テレビ)