西条市出身でサッカー日本代表の長友佑都選手が11年ぶりにJリーグ・FC東京に復帰しました。

長友選手の35歳の誕生日の12日に正式に発表されたFC東京への復帰。

長友選手は2010年にFC東京からイタリアのチェゼーナへ移籍。その後、世界有数のビッグクラブ、イタリアのインテルミラノでレギュラーを掴むなど海外で活躍しました。

今年7月にフランスのクラブを退団し無所属となっていましたが、11年ぶりに日本へ復帰することを決断しました。

長友選手「とにかくうれしいです。愛する僕のクラブに帰ってこられてうれしく思います。11年間(海外で)培った自分の経験をクラブにしっかりと還元できるように貢献できるように頑張りたい。

35歳はサッカーではベテランと言われる年だが、自分は二十歳くらいだと思うのでそれくらいのエネルギーを持って野心を持って戦います」

12日にはFC東京のスタジアムでセレモニーが行われ、長友選手がサポーターに

熱いメッセージを伝えました。

長友選手「僕はこのクラブで勝利したいです。このクラブでタイトルを取りたいです。おっしゃー!僕は本気ですから。優勝しましょうねみんな、タイトル取って」

長友選手のさらなる活躍に期待がかかります。