国内初の女子プロサッカーリーグWEリーグが開幕し、AC長野パルセイロレディースは初戦を白星で飾りました。

パルセイロレディースは12日、アウェーで新潟と開幕戦を戦いました。

前半9分、スルーパスに抜け出した滝沢がチーム初ゴールをあげます。

その後、追いつかれますが、前半15分、右からのクロスが流れたところに三谷。シュートを決め勝ち越しに成功します。

後半には現役高校生WEリーガー川船が追加点を奪って突き放したパルセイロレディース。

3対1で新潟に勝ち、開幕戦を白星で飾りました。

次は18日、ホームで日テレ・東京ヴェルディベレーザと対戦します。