緊急事態宣言延長期間スタート 大阪ではパチンコ店で職場接種 席の仕切り活かす

緊急事態宣言延長期間スタート 大阪ではパチンコ店で職場接種 席の仕切り活かす

関西テレビ
関西テレビ
国内

東京など19の都道府県では、13日から、緊急事態宣言の延長期間に入った。

このうち大阪府では、13日から、パチンコ店を会場とした新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。

大阪市北区のパチンコ店が始めた職域接種は、従業員のほかに、大阪北新地の飲食店組合や近くの商店街組合に加え、近隣住民など、あわせて1,500人が対象。

パチンコ台が、およそ1,000台ある広いスペースと席に仕切りがあり、優れた換気機能があるという、パチンコ店の特徴を生かしたアイデア。

ワクチン接種に訪れた人「初めて座ったんですけど、(席は)意外とフカフカでした」、「キラキラしてました」、「(ほかの接種会場は)予約できなかったので、ありがたかったですね」

ワクチン接種のために4日間休業するため、損失は数千万円にものぼるということだが、店の関係者は「少しでも地域に貢献できれば」と話している。

【関連記事はこちら】
>>>【データでみる新型コロナ / ワクチン】 特設ページ

大阪府のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
×