織田信長による「延暦寺の焼き討ち」から450年、法要に信長と参戦した明智光秀の子孫が初めて招かれました。

比叡山・延暦寺で祈りを捧げているのは、織田茂和さんと明智憲三郎さん。

2人は織田信長と明智光秀の子孫にあたります。

450年前の9月12日、織田信長率いる軍勢が対立していた延暦寺を焼き討ちにし、死者は両軍合わせて数千人にも上ったと言われています。

織田家や参戦した明智家の子孫が法要に招かれたのは初めてで、没後1200年を迎えた延暦寺の開祖・最澄の「敵味方を分けてはならない」という教えに立ち返り、招待したということです。