YouTubeには”拳銃”をぶっ放す様子が・・・

改造拳銃と模造拳銃を所持した銃刀法違反の疑いで逮捕されたのは、愛知県の元中学校理科教師・高田広司容疑者。年齢は70歳。捜査の端緒は、自身がYouTubeにアップした銃を撃つ動画だった。

机上に並べたビスケットを銃で撃つ勇ましい姿が映っていて、自身で解説もしていた。警視庁がサイバーパトロールでこの動画を見つけ、今年7月、名古屋市内の高田容疑者宅を家宅捜索。自宅のタンスの中からは見つかったのは、改造拳銃8丁と模造拳銃2丁の合わせて10丁にのぼった。

机上に並べたビスケットを撃ち抜く髙田広司容疑者(FBより)
この記事の画像(4枚)

「改造」と「模造」拳銃の違いは?

そもそも「改造」拳銃とは何か?警視庁によると、「真正」拳銃に似せた作りをしているもののうち、殺傷能力があるものを「改造」拳銃、ないものを「模造」拳銃という。通常販売されているモデルガンは、真正の拳銃とは違うことが分かるよう塗装されている。

高田容疑者はこうして売られているモデルガンを、真正の拳銃に見えるよう加工し、性能にも手を加えるなどして、改造拳銃や模造拳銃を作っていたという。(殺傷能力がなくても、「模造」拳銃は悪用されるため所持が禁止されている)

送検される髙田容疑者「違法だとは分かっていたが・・・」(10日・小岩警察署)

改造拳銃はラピュタ風 「違法だとは分かっていたが・・・」

高田容疑者は、調べに対し「購入したモデルガンを自分で改造した。高校生くらいからモデルガンを買ったり、プラモデルを作ったりすることが趣味だった」と供述。水色に塗装された改造拳銃は、アニメ映画「天空の城ラピュタ」の登場人物から発想を得るなど、随所にマニアならではの“こだわり”があったようだ。

映画「天空の城ラピュタ」をイメージした?改造拳銃

しかし、趣味を極めていても改造拳銃を作ってしまっては違法だ。「違法だということは分かっていたが趣味が高じて作ってしまった」。取り調べに対して、こう話している70歳の元教師の男は、逮捕された今、何を思うのだろうか。

フジテレビ社会部・警視庁担当 石田真美