新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、燕市の鈴木市長は27日の定例会見で首都圏などへの職員の往来を禁止すると発表しました。

【燕市 鈴木力市長】

「県知事が慎重な対応を県民に対して求めている。それを踏まえて一人ひとりに考えてもらいたいという気持ちはある」

27日に開かれた燕市の定例会見で鈴木力市長は職員に対し、27日から4月12日までの期間、職務上、首都圏などへの往来を禁止すると発表しました。

東京都では新型コロナウイルスの感染者が急増し、都民に今週末の外出の自粛を要請。

隣県の千葉県なども、東京への外出を自粛するよう県民に求めています。

燕市は職員の家族などに対しては往来自粛の要請などはしないとしていますが、引き続き手洗いうがいの徹底を呼びかけていくとしています。