9月7日、札幌市清田区の道路を無免許の状態で逆走し、白バイの追跡を受け事故を起こした男。

 ドライブレコーダーがとらえた逃走劇の一部始終です。

 ドライブレコーダーに映る1台の軽乗用車。「札幌新道」の2車線の道路をゆっくりと逆走しているのが確認できます。

 水上 孝一郎記者:「白バイが止まって警戒をしていたポイントです。南へ逆走してきた車は、このあたりでUターンし、北の方へ走行していったということです」

 白バイはすぐに軽乗用車を追跡し停止を求めますが…

 交差点で、ドライブレコーダーを搭載したこの車に追突しました。

 さらに、車は白バイの追跡を逃れるように車を追い越し逃走し続けます。

 ウインカーも出さずに車線を変更。止まる気配はありません。 

 そして、丁字路の交差点を右に曲がろうとした瞬間…信号機に衝突。折れた信号機が白バイの隊員と車に直撃しました。

 逃走は約2キロにも及びました。

 札幌市清田区の道路で無免許で軽乗用車を運転していたとして、9月7日に逮捕された中村豊彦容疑者(75)。 

 中村容疑者は調べに「免許は8年前に失効した」などと容疑を認めていて、常習的に無免許運転をしていたとみられています。

 その後の調べで、中村容疑者が運転していた車はレンタカーだったことが判明、警察が借りた方法などを調べています。

 一方、この事故で信号機が直撃した白バイ隊員の20代の男性警察官が頭に軽いけがをしていて、警察は無免許過失運転致傷と、当て逃げの疑いでも捜査を続けています。