新型肺炎の感染拡大が止まらない中、予防策として期待されるワクチン開発は進んでいるのだろうか?
国立感染症研究所は1月31日、新型コロナウイルスの分離・培養に成功したと発表。
今後、分離したウイルスで抗ウイルス薬やワクチンなどの開発を進め、国内外に向けて広く配布する予定だとしている。
実際にワクチンは間に合うのだろうか?

関西福祉大学・勝田吉彰教授;
一般的にワクチンの開発は、臨床試験などで実用までには2~3年かかる

と、専門家は指摘している。

一方で、安倍総理大臣は、新型コロナウイルスの国内の検査態勢の充実が喫緊の課題だとして、簡易検査キットの開発にすでに着手していることを明らかにしている。

(関西テレビ)