6日午前11時ごろ、新潟県の柏崎刈羽原子力発電所・3号機タービン建屋の地下3階で煙が発生しました。

東京電力によりますと、建屋内の機器の弁などを動かす圧縮空気を除湿するために設置している電気ヒーターから発煙が確認されたということです。

煙は数分で止まりましたが、その後の消防の調べで、電源ケーブルに焼けたあとが確認されていて、東京電力が原因を調べています。