自民党の総裁選について、野党側は「政治空白が生じる」と批判を強めていて、予算をめぐる「対案」の準備も進めている。

立憲民主党は、財政支出30兆円を超える規模を想定した、独自の補正予算案を取りまとめる方針を固めた。

新型コロナ対策で、生活困窮者への現金10万円の給付や事業者を支援する持続化給付金の再給付などを検討している。

また、6日午後には、野党4党の国会対策委員長らが会談し、今後の対応を協議することにしている。