外国人3人が何者かに切りつけられる

リゾート地として知られるインド洋の島国モルディブで4日、外国人3人が何者かに切りつけられ、負傷した。地元警察はこれまでに容疑者の男ら3人を逮捕した。過激派組織「イスラム国」に忠誠を誓う地元グループによる犯行の可能性が出ている。

モルディブで4日、現地で働くオーストラリア人男性と中国人男性、観光客の中国人男性の合わせて3人が複数の男にナイフで襲撃され、負傷した。地元メディアなどによると、事件後、SNS上に「イスラム国」に忠誠を誓う地元組織を名乗る覆面の男らが犯行を認める動画が出回った。男らは動画の中でさらなる犯行を予告している。

テロ事件として捜査

モルディブ警察は6日、地元の男3人を逮捕し、テロ事件とみて捜査しているが、男らの身元などは明らかにされておらず、SNSの動画との関連も不明だ。

3人逮捕を知らせるモルディブ警察の広報文

人気のリゾート地で

モルディブはイスラム教の国で、これまでに数百人がイラクやシリアに渡って「イスラム国」に参加したといわれている。

2019年にも「イスラム国」のリクルーターとされる男が逮捕されるなど、モルディブ政府は過激派の動向に神経を尖らせている。

モルディブは「インド洋の真珠」と称される人気のリゾート地で、日本でも新婚旅行先などとして人気が高い。

日本人にも人気が高い「インド洋の真珠」モルディブ島

【執筆:FNNバンコク支局長 佐々木亮】

「隣国は何をする人ぞ」すべての記事を読む