北海道当別町の草地に死体を遺棄したとして、42歳の男が逮捕されました。

 死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、札幌市東区に住む無職の杉村佑介容疑者(42)です。

 杉村容疑者は8月16日、当別町青山奥の草地に死体を遺棄した疑いが持たれています。

 警察によりますと9月2日、警察署に杉村容疑者が「母を殺して捨てた」などと自首していました。

 遺体は服を着た状態で埋められておらず、草地に放置された状態で見つかったということです。

 警察は遺体の身元の確認を急ぐとともに、杉村容疑者が殺害もほのめかしていることから詳しく調べています。