新型コロナウイルスによる感染症について、新たな局面を迎えている中、どのような症状があれば医療機関に行くべきか、17日午後、加藤厚労相が会見を行いその目安を公表した。

風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている」
「強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある」
という症状がある場合には全国の都道府県にある「帰国者・接触者相談センター」に相談するように呼びかけた。

厚労省公式サイトでも公開

同日、厚労省の公式サイトでも、「新型コロナウイルスを防ぐには?」というページを新設し、「高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合」に相談・受診してほしいとしている。

出典:厚労省公式サイト

また、改めて新型コロナウイルス感染症について説明。

「ウイルス性の風邪の一種です。発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。
感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)といわれています。
新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染によりうつるといわれています。」


出典:厚労省公式サイト

「症状が見られるときは、学校や会社を休んでください」

そして、「日常生活で気を付けること」として

「まずは手洗いが大切です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。」
と予防策を紹介した上で

発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休んでください。
発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。」
として感染を広げないためにも無理をせず学校や会社を休むことを勧めている。

出典:厚労省公式サイト

この他にも厚生労働省の公式サイトの「新型コロナウイルス感染症について」という特設ページでは、予防法や潜伏期間について答えた一般向けのQ&Aや、仕事を休んだ時の休業手当などについて答えた企業向けのQ&Aがあり情報を日々更新している。
(参考記事:【新型コロナウイルス】 疑問に答えるQ&A…厚労省や首相官邸が公開中
新型コロナウイルスで会社を休んだら「休業補償」はある? 厚労省がQ&A公開
本当に必要なのは「風邪や感染症の疑いがある人たち」…厚労省が“マスクについてのお願い”を公開


なお、自身の症状に不安がある場合など、一般的な問い合わせについては、厚労省の電話相談窓口に相談してほしいとしている。


厚生労働省の電話相談窓口
・厚生労働省の電話相談窓口 電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)
・受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)

「感染拡大…新型コロナウイルス」特集をすべて見る!