広がる感染…感染者と“濃厚接触”の全貌

2月13日、東京でタクシー運転手の男性(70代)の新型コロナウイルス感染が確認された。1月18日に行われた個人タクシー組合の新年会をきっかけに、感染が広まったと見られている。

「直撃LIVEグッディ!」では、屋形船で行われた新年会の写真を独自入手。さらに新年会の参加者を取材し、新年会の内容について詳細を聞くことができた。

新年会で撮影された写真には、身動きできないほど詰めて座った出席者が映っている。この日は、タクシー運転手の他に、友人やその家族も集まり、参加者は約80人にのぼったという。

船の前方に調理場、後方にはドリンク置き場やテレビ、カラオケとデッキに上がる階段があった。

グッディ!のカメラに語ってくれたのは、タクシー運転手から誘われ、友人3人と一緒に新年会に参加した78歳の男性。検査の結果、陰性であることが確認され、取材に応じてくれた。

船内では1テーブルごとに8人が座り、男性は一番後ろのテーブルに座ったという。


新年会に参加していた男性:
次のテーブルから4人くらい感染者が出たと。そこまでは2mか3mありますけど、近いよ。次のテーブルですからね。


男性の隣のテーブルからも感染者が出たという。男性は、感染者から2~3mという距離で、約2時間にわたり宴会を楽しんでいた。

屋形船の中で、感染はどのように広がったのか?参加者の証言から、その実態が見えてきた。

【感染拡大の可能性(1)…客同士の席の近さ】

新年会に参加していた男性:
(人が)いっぱいいっぱいだったね。手がぶつかるくらい。

――顔と顔の距離はどのくらい?

新年会に参加していた男性:
肩が擦れるから…

――本当にすぐ横が顔?

新年会に参加していた男性:
そうね。

【感染拡大の可能性(2)…従業員が至近距離で接客】

新年会に参加していた男性:
かなり近いですよね、(料理を)置く場合には。(マスクなどは)してないですよ。誰もこういう風になると思わないからね。


当日の写真を見ると、客も従業員もマスクをしていないように見える。そして従業員と同じく、客の近くにいたのが、コンパニオンだ。10人ほどいた着物の女性スタッフは、お酒を運んだりグラスに注いだり、参加者と接触する機会が一番多かったという。

【感染拡大の可能性(3)…舟盛りのつつき合い】

さらに男性によると、料理を食べる際にも気になることがあったという。

新年会に参加していた男性:
舟盛りと刺身なんかが置いてありましたね。自分で好きなものを取って食べた。(取り分ける用の箸は)ないです。自分で取って食べました。つついてたね。

【感染拡大の可能性(4)…同じマイクでカラオケ】

新年会に参加していた男性:
カラオケがあって、横の方にマイクがあって、そこで歌っておりました。マイクは1本。3人か4人くらい(で歌っていた)。


新年会の最後に行われたカラオケでは、数人が1本のマイクを使いまわし、演歌などを歌っていたという。

密閉された空間の中での濃厚接触。この屋形船では、従業員2人を含む、新年会の参加者やその関係者14人に感染が広がった。

感染確認前に大量の「体調不良者」が…

さらにグッディ!は、感染したタクシー運転手の男性(70代)が所属していた、個人タクシーの組合支部の同僚を取材した。同僚の男性は新年会に参加しなかったというが、驚きの情報を耳にしたという。

同僚の男性:
何人か(体調不良で)入院している人もいるっていうのは聞いたけど。肺炎が悪化して入院したのかなって。


新型肺炎の感染が確認される前に、新年会の参加者10人ほどが肺炎や体調不良などで入院していたという。さらに、この組合の支部では、新年会に参加していなかった事務員も新型コロナウイルスに感染している。

その後、新年会に参加していない運転手も全員、新型コロナウイルスの検査を受けるよう指示がきたという。
その検査の様子を同僚男性に聞いた。

同僚の男性:
みんなマスクして、入った時にマスク取ったんだけど「マスクしといてください」って言われて。中国で防護(服)でずっと検査をしている人、あんなふうだったよ全部。メガネもして(体が)何も出ていないって感じ。ボールペンで書くとき、ゴム手袋してたよ。


新型コロナウイルスの検査は、厳戒態勢で行われたという。

今回取材に応えてくれた2名の男性は検査をし、陰性であることが判明している。
新型コロナウイルスの感染は、どこまで広がるのだろうか。

(「直撃LIVE グッディ!」2月17日放送分より)