プレスリリース配信元:SDKI Inc.

SDKI Inc.は、支援ロボット市場の新レポートを2021年08月30日に発刊しました。この調査には、支援ロボット市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-107075


支援ロボット市場は、2022年に75.0億米ドルの市場価値から、2030年までに306.9億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に22.3%のCAGRで成長すると予想されています。


調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/assistive-robotics-market/107075

医療用外骨格とロボット手術の保険適用範囲の拡大は、支援ロボット市場の主な推進要因です。また、脳卒中や脊髄損傷に苦しむ人々の数が世界的に増加しているため、外骨格などの支援ロボットの需要が高まっています。したがって、脳卒中や脊髄損傷の有病率の増加は、支援ロボット市場の成長を推進する別の重要な要因です。さらに、高齢者人口の有病率の上昇、および高齢者人口を支援する支援ロボット工学の不可欠なコンポーネントの上昇は、予測期間中に市場の成長を推進しています。しかし、医療業界では、さまざまな規格や認証を遵守する必要があるため、支援ロボット市場の成長が抑制される可能性があります。

VR / AR(仮想現実/拡張現実)人工知能(AI)、5G、IoT、クラウドコンピューティングなどの技術的進歩の高まりは、市場の成長を推進している注目すべき要因です。国連貿易開発会議(UNCTAD)によると、世界で84億のIoTデバイスがあり、IoT市場は2018年に1,300億米ドルを占めており、2025年までに1.5兆米ドルを獲得すると推定されています。また、2019年の世界のICT輸出(総輸出に占める割合)は11.536であり、米国が8.7%を占めており、日本が8%の割合でそれに続きました。さらに、世界のアクティブなインターネットユーザーの増加は、世界人口の約60%に達しており、市場の成長をさらに促進しています。2020年12月末までに、世界中のアクティブなインターネットユーザーの総数は約43億人になりました。これらの要因は、さらに、市場のプレーヤーに有利なビジネス機会を生み出すと予測されており、今後数年間で市場の成長を後押しするとさらに予想されます。

支援ロボット市場セグメント

支援ロボット市場は、モビリティ別(固定、モバイル)、タイプ別(物理的、社会的、混合支援)、アプリケーション別(高齢者支援、交際、ハンディキャップ支援、外科支援、産業、防衛、広報)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

モビリティに基づいて、モバイルセグメントは予測期間中に高いCAGRで成長すると予想されます。

モバイル支援ロボットは通常、ソフトウェアによって制御され、センサーを使用して周囲を識別します。これらのシステムのいくつかには、周囲をナビゲートできる人工知能技術が組み込まれています。これらのシステムは、主に高齢者支援、交際、広報などのアプリケーションで使用されます。高齢者人口が世界的に増加しているため、高齢者支援や介護ロボットの需要が高まる可能性があります。また、企業は現在、オフィススペースで広報ロボットをますます採用しています。これらの要因は、今後数年間でモバイルセグメントの成長を促進すると予想されます。

支援ロボット市場の地域概要

アジア太平洋地域の市場は、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。主要な市場であるAPACには、さまざまなレベルの開発とさまざまなメーカーの存在を伴う多様な経済が含まれています。この地域は、高齢者支援や広報アプリケーション向けの支援ロボットの採用が急増しているため、大規模な投資と事業拡大の機会の世界的な支点になっています。また、介護福祉士の不足、と高齢者人口の増加により、アジア太平洋地域で支援ロボットの需要が高まると予想されます。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

支援ロボット市場の主要なキープレーヤー

支援ロボット市場の主要なキープレーヤーには、Kinova Robotics(カナダ)、Focal Meditech(オランダ)、Cyberdyne(日本)、Intuitive Surgical(米国)、ReWalk Robotics(イスラエル)、SoftBank Robotics(日本)、Ekso Bionics(米国)、Ubtech Robotics(中国)、Barrett Technology(米国)などがあります。この調査には、支援ロボット市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-107075

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR TIMES
PR TIMES
記事 45024
データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。