プレスリリース配信元:中小企業庁

 中小企業庁は、創業に無関心な層を対象に、創業・起業を身近に感じ興味関心を持ってもらう事を目的として、潜在的創業者掘り起こし事業を行っております。2019年4月より順次、働き方改革関連法が施行され、多様な働き方を選択できる社会に変わりつつあり、副業・兼業を認める企業が徐々に増えてきております。今回は、「起業と副業」についての意識調査の結果を報告します。


 起業・副業について、あなたのお気持ちに近いものを、それぞれお知らせください。という質問の中で、「今後、起業をしたいですか?」と、20~60代の一般男女7,780名(現無職者を除く)に、日本人の起業意識を聴取したところ、12.6%にとどまり、既にしていると答えた8.6%を除く、約78.8%の方が興味をしめさないという結果となりました。しかし、回答者の中から起業に関心のない「起業無関心者」250名を選抜し、会社を辞めずに起業する「副業起業」の意向を聴取したところ、37.6%、約4割近くの方が「興味あり」と回答しました。「副業」ワードが入ることで、心理的な障壁が軽減されると考えられ、潜在的な起業意識“隠れ起業意識”は高いという結果となりました。少しずつではありますが、多様な働き方が世の中に認知されてきているのではと考えます。

【副業起業における詳細結果】
 「起業無関心者」250名を選抜し、会社を辞めずに起業する「副業起業」の意向を聴取したところ、37.6%の方が「興味がある」と回答。中でも4割を超える世代は20代~40代という結果となり、比較的若い世代で興味度が高く、特に30代の起業無関心者において最も興味度が高く、5割弱の方が「興味がある」と回答しました。

 「副業起業」に興味があると答えた方で、自由回答された方には、「在職中の会社は辞めたくないが、収入を増やしたい」、「現在、育休中で収入がないため副業などで少しでも家計の足しにしたい」等の現実的な回答の他、「副業として、職を広く持つことは人生が広がる」、「楽しみながら収入が得られるのは理想的、なかなか実現しにくいが興味深い」、「自分を客観視できる」、「小額でも構わないので自分の力で収入を得ていきたい。」等、意欲的な回答も多数みられました。


【起業と副業における意識比較】
 起業の質問と同様に、20~60代の一般男女7,780名(現無職者を除く)に、「副業をしたいですか?」と意向を聴取したところ、27.8%となり、起業意識の約2倍となった。「起業」は30代で最も高いが、「副業」は20代が最も高い。年齢が若いほど、「副業」への意識が高くなっている。

【起業家の起業における行動についての調査結果】
 20~60代の一般男女7,780名(現無職者を除く)の中から「起業家」250名を選抜し、「起業すると決めてから、どのくらいで実際に起業(開業)しましたか。」と行動について聴取したところ、起業を決意してから開業まで、78.4%の方が3年未満と回答。又、「起業した会社が黒字化するまでに、どのくらいの期間を要しましたか。」という質問に対しては、74%の方が3年未満と回答。起業決意から収益化までトータル6年という結果となりました。なお、「何人で起業(開業)しましたか」の質問については「1人で起業」が過半数の60.4%をしめました。

【自分を表現する言葉についての調査結果】
 選抜された「起業家」250名と、「起業無関心者」250名に対して「自分を表現する言葉」を聴取したところ、起業無関心者と特徴的に差があった主な言葉は「誠実」「信頼」。これらの言葉は大切にされている傾向。また、「情熱」も、起業無関心者と比較して大きく差がみられました。

参考資料 集計表 「自分を表現する言葉」
※複数回答可能

■ 調査概要

・ 一般男女に対して、「起業・副業意識」を聴取
・ 起業家に対して、起業にまつわる行動を聴取

 調査方法 :インターネット調査
 調査期間 :2020年1月14日~15日
 調査地域 :全国
 調査対象 :20~60代の一般男女7,780名(現無職者を除く)※事前調査
《本調査》 :回答者の中から実際に起業している「起業家」及び、「起業無関心者」を選抜。
       起業家 ・・・ 250名 ・ 起業無関心者 ・・・ 250名
調査機関 :楽天インサイト株式会社

※本資料は、同日2月18日(火)に開催された、中小企業庁主催、「Japan Challenge Gate2020 - 全国ビジネスプランコンテスト -」会場にて配布された資料となります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ