東京・港区の白金高輪駅で起きた“硫酸”事件で、逮捕された花森弘卓容疑者(25)は、沖縄県内の友人宅に潜伏していたとみられることが分かった。

 花森容疑者は、今月24日夜、白金高輪駅のエスカレーターで、22歳の会社員の男性に硫酸とみられる液体をかけて、ケガをさせた疑いがもたれている。男性は、顔などをヤケドしていて全治半年の重傷。この事件では、床にこぼれた硫酸に足を滑らせた女性もヤケドをしている。

逮捕された花森弘卓容疑者(25)
この記事の画像(3枚)

花森容疑者は、事件後、静岡市内の自宅に戻り、翌25日、静岡駅から電車に乗り逃走。警視庁捜査一課は、27日、花森容疑者を全国に指名手配し、写真を公開していた。

 調べによると、花森容疑者は、きょう午前、宜野湾市内の友人宅に潜伏していたとみられ、沖縄県警の捜査員に発見され、逮捕された。警視庁は、現在、沖縄県内の警察署で、花森容疑者を取り調べている。また現在、この友人からも事情を聴いている。

警視庁が公開した花森容疑者の画像(25日、静岡駅)

 花森容疑者は、被害者の男性と、同じ沖縄県内の大学の出身。花森容疑者が、男性の先輩だったという。警視庁は、きょうにも、花森容疑者の身柄を東京に移送し、動機などを追及する方針。これまでの調べに対して花森容疑者は「今は話したくない」と認否を留保している。