「完全に脅迫です」男性患者への対応で診察ストップ

都内にある「目黒の大鳥神社前クリニック」の防犯カメラが捉えた映像。受付で何かを訴え、居座る患者の男性。この時、口にした言葉は…

「陽性だったらお金がかからないはずなのに、なぜ支払わなければいけないんですか?」

目黒の大鳥神社前クリニック 北村直人院長:
事件といいますか、クレームなんですよ。業務妨害されている状況なんです。ちょっと恐怖も感じております。
自分は“コロナ陽性”だったから医療費がかからないはずなんだと。なのに負担があったのはおかしいということを言い出して、「PCR検査はお金がかからないんだけども、診察料とかは発生したんです」と言ったら、「そんな説明は聞いていなかった」と言い出して。

この記事の画像(4枚)

北村院長によると、その患者は50代の男性。7月中旬ごろ、微熱とせきの症状を訴えて来院し、PCR検査や診察を受けました。

目黒の大鳥神社前クリニック 北村直人院長:
その方には「他の病気の可能性もありますし、仮に新型コロナだった場合に重症化するということから、採血かレントゲンやっておきませんか?保険でできますので」と言ったところ「自分は糖尿病もあるのでぜひお願いしたい」ということだった。

その時は診察料を支払って帰宅。翌日、陽性が判明したため、男性に電話で伝えます。すると数日後、自宅療養を終えた男性が、診察料の全額返済を求め、クリニックに乗り込んできたというのです。

目黒の大鳥神社前クリニック 北村直人院長:
こちらは脅迫としか感じてません。刃物とかを持っていないだけで完全に脅迫です。

定められた機関で行われたPCR検査の費用はかからない一方で、診料などの自己負担分は患者の負担になることが定められています。

しかし、男性は「全額返済しなければ帰らない」と主張。この対応で診察は数時間もストップ。
待合室は予約で訪れた人たちで溢れ、外で待機する人も。中には診察を諦めて帰った人もいたといいます。

男性が居座ること、約4時間。院長は警察に通報しますが「金銭トラブルなので警察は関与できない」と説明されます。

北村院長は診察をこれ以上止めないため、やむを得ず全額を返金したといいます。

すでに別の医療機関で「陽性」とされた人が、再検査を求め来院

新型コロナと闘う医療機関への迷惑行為。北村院長の元には、8月6日にも陽性患者からこんな電話がかかってきました。

「陽性を取り下げてくれ!」

30代の男性患者は、この電話の1週間ほど前に発熱などを訴え来院し、PCR検査で陽性が確認されました。

目黒の大鳥神社前クリニック 北村直人院長:
そのときは感謝しているような感じで「ありがとうございました」と…。やっておいてよかったなみたいな。

ところが一転、男性は「検査したら陰性だった。最初の陽性を取り下げてほしい」と要求してきました。

目黒の大鳥神社前クリニック 北村直人院長:
保健所に連絡したところ「最初の陽性が出た病院が陽性を取り下げれば、陰性で大丈夫です」という説明があったと

男性は別の病院で再検査し、結果は陰性。そのため、最初の陽性結果を取り下げるよう要求してきたというのです。

目黒の大鳥神社前クリニック 北村直人院長:
「陰性は疑陰性ということがあり得るとされています」と説明したところ、「陽性は偽陽性だったことはないのか」と言われ、「陽性は陽性なんです」と

このケースから、何より危機感を抱いたというのは…

目黒の大鳥神社前クリニック 北村直人院長:
他のとこで陽性だったのにうちに来る人が出ていて、2日に1人か2人は出ているような感じです。他の人にうつすと分かっているにもかかわらず、他の医療機関をまた受診しているという状況ですね。
発生届を書いて提出すると保健所から連絡が来て、「この方は何々区ですでに出ている方なので受理しません」と。他の医療機関で陽性だったのに、簡易キットで陽性だったと嘘をついてPCR検査を受けに来る人もいる。

すでに陽性と確認された人が、再検査を求めて外出しているというのです。

目黒の大鳥神社前クリニック 北村直人院長:
かなりまずいと思います。自分の不安感を払拭するために、そこにいる方々の感染リスクが上がるという行動は、もう一度考え直していただきたいと思います。

(「めざまし8」 8月27日放送より)