発端は区役所職員を装った電話

今月23日、東京・墨田区に住む70代の女性に「区役所の職員です。消費税の還付金があります」というウソの電話がかかってくる。そこで、女性は自分が口座を持っている信用金庫に問い合わせの電話をした。

すると、信用金庫からの折り返しの電話を待つ間に、再びウソの電話が・・・。「信用金庫のだと古くてダメだから、新しいものに交換しないといけない」「信用金庫の者が行くのでカードを渡してください」と。

信用金庫の支店長と職員が女性宅に駆けつけると・・・
この記事の画像(3枚)

女性宅で”信金職員”と”ニセ信金職員”が鉢合わせ

信用金庫の職員が折り返しの電話をするものの、女性は、犯人からのウソの電話を受けていて、話し中の状態が続く。不審に思った支店長と職員の2人が女性の自宅へ向かったという。すると、そこではちょうど、女性が、信用金庫職員を装った内田雅晴容疑者(49)に、キャッシュカード2枚を渡しているところだった。

支店長と職員が身分を名乗ると、女性は内田容疑者を指さし「この人も信用金庫の職員です」と告げたという。支店長と職員は「信用金庫の職員じゃないだろ」と問い詰め、内田容疑者を取り押さえて「詐欺の犯人を取り押さえています」と110番通報した。

49歳の受け子・内田雅晴容疑者「コロナでバーが潰れて生活に困り」と供述

犯行動機は「コロナでバーが潰れて生活に困り・・・」

警視庁本所警察署の調べに対し、内田容疑者は「横浜でバーをやっていたが、コロナの影響で閉店して、短期高収入のバイトをツイッターで見つけて応募した」「おかしいなとは思っていたけど、生活に困ってやってしまった」と容疑を認めている。

本所署は内田容疑者に指示をした人物を含め、詐欺グループの実態解明を進める方針。

フジテレビ社会部・警視庁担当 神谷佳宏