「信金の人間じゃないだろう!?」男の正体を見破ったのは……

眉間にしわを寄せ、警察車両の後部座席に座る男。
詐欺の疑いで逮捕された、無職・内田雅晴容疑者(49)だ。

逮捕された内田雅晴容疑者(49)
この記事の画像(5枚)

事件のはじまりは、8月23日、東京・墨田区に住む70代の女性にかかってきた1本の電話だった。

1回目のアポ電(取材に基づくイメージ)

「区役所の職員です」
「消費税の還付金があります」

この電話を受け、女性は口座がある信用金庫に問い合わせの電話をした。すると信用金庫からの折り返しの電話を待つ間に、再び電話がかかってきたのだ。

2回目のアポ電(取材に基づくイメージ)

「信用金庫のものだと古くてだめだから、新しいものに交換しないといけない」
「信用金庫の者が行くのでカードを渡してください」

その後女性は、信用金庫の職員を名乗って自宅を訪れた男にキャッシュカード2枚を渡してしまう。しかし、その直後――。

信金の支店長と職員が駆けつけた(取材に基づくイメージ)

「信用金庫の人間じゃないだろう!?」

駆けつけたのは、女性からの問い合わせを不審に思った支店長と職員の2人。
本物の信金職員がニセ職員を取り押さえ、110番通報したのだ。

ちなみに、この信金が掲げるキャッチフレーズは『街の鼓動に敏感です』。

「コロナで生活困窮」

逮捕された内田容疑者は、どのような経緯で犯行に加担したのだろうか。

「横浜でバーをやっていたが、コロナの影響で閉店し、短期高収入のバイトをサイトで見つけて応募した」「おかしいなとは思っていたけど、生活に困ってやってしまった」。

警視庁の調べに、内田容疑者はこう供述し、容疑を認めている。

(「イット!」8月25日放送より)