あれから50年…府中の現場は今

戦後最大のミステリーといわれる「3億円事件」の発生から12月10日で50年を迎えた。11月から地元のタクシー会社が行う、3億円事件の現場を巡るツアーが話題となっている。

この記事の画像(9枚)

三和交通 運転手:
この道を走っていくと府中刑務所の塀が見えてきます。犯人が声をかけたのはこのあたりです…

ガイドを兼ねたタクシーの運転手が案内したのは、50年前の12月10日に発生した、あの3億円事件の現場だ。

1968年12月10日午前9時半ごろ。東京・府中市で、銀行員4人が乗った現金輸送車に“白バイ警官”に扮した男が近づき停車を求めた。男は現金輸送車に爆弾が仕掛けている可能性があると告げ、車の下に回り込んだ。

白バイ警官に扮した男は、持ってきた発煙筒に点火し「爆発する!早く逃げろ!!」と叫び銀行員を車から離れさせ、現金輸送車ごと3億円を奪い逃走した。

1975年12月、警察の懸命の捜査の甲斐なく 事件は犯人が逮捕されないまま時効を迎え、「戦後最大のミステリー」と呼ばれるようになった。

その謎を今に伝えようと、この地域で営業しているタクシー会社が企画したのが今回のツアーだ。

国分寺駅をスタートし、当時、現金輸送車が出発した銀行から、様々な現場をたどりながらタクシーの運転手がガイドとして案内する。

三和交通 運転手:
この狭い道を土砂降りの中、犯人はもうスピードで駆け抜けます。あの茂みのあたりで犯人は車を乗り換えさらに逃亡します…ここが、逃げた犯人が、現金輸送車から別の車に乗り換えた場所…今も建物はなく、当時のまま残っています…

ツアーにはサプライズも…

ツアーの最中にはこんなサプライズも…

当時の実際の型に極力近づけ再現した白バイとともに、犯人に扮した“白バイ警官”役の男性が登場。
そして最後は、バイクや“白バイ警官”らとともに記念撮影。

11月に始まったツアーは1日1組限定で、事件から50年を迎える12月10日が最終日。これまでに40組の応募があったが、抽選で参加できたのはわずか5組。30代から60代の男女が多かったという。

(プライムニュース イブニング 2018年12月10日放送分より)