科学の力で証拠を分析。難事件を解明へと導く最先端捜査のエキスパート…それが科学捜査研究所、通称「科捜研」。

その一員たる“科捜研の男”が陰で行っていたのは、盗撮だった。

逮捕されたのは、埼玉県警科学捜査研究所の職員・遠藤泰徳容疑者(37)。

2019年8月、同じ埼玉県警に勤務する20代女性のアパートの部屋に侵入し、スマートフォンで撮影をした疑いが持たれている。

遠藤容疑者は、2006年4月に埼玉県警の事務職員として採用され、2007年4月から科捜研に勤務。技術職員として科学捜査の研究にあたっていた。

部屋から指紋は検出されず...科捜研のノウハウを悪用?

その犯行は大胆なものだった。

2019年8月27日、遠藤容疑者は普段どおり科捜研に出勤。1時間ほどある昼休みに職場を抜け出し、同僚女性の部屋を盗撮したあと、何食わぬ顔で仕事に戻ったとみられている。

調べによると、女性の部屋の鍵や窓に壊された形跡はなく、遠藤容疑者の指紋も一切検出されなかったという。

このことについて埼玉県警の幹部は...

埼玉県警幹部:
科捜研で働いているのだから、指紋が出ないようにするやり方はいくらでも知っているでしょう

今回の逮捕に街の人からも「職業柄そういうノウハウを持ってるから、やっぱりそれを悪用するのは間違っていると思う」「そういう(罪を犯す警察職員)人が1人でもいると警察ってこうなの?という目で見られる」と不安に思う声が聞かれた。

発覚する発端は別の盗撮事件から…

実は今回の事件、別の盗撮事件から発覚したもの…

遠藤容疑者は2019年9月、さいたま市・JR与野本町駅構内のエスカレーターで、20代女性のスカートの中にスマートフォンを入れたとして、現行犯逮捕されている。このとき押収されたスマートフォンから、今回の逮捕容疑となった同僚女性の部屋の画像が見つかったのだ。

調べに対し、遠藤容疑者は「思い出せません」と容疑を否認している。しかし、遠藤容疑者のスマートフォンからは、今回とは別の女性職員の自宅内とみられる画像が複数見つかっており、警察は余罪もあるとみて調べている。

(Live News it! 1月9日放送分より)

【関連動画】指紋出ず...科捜研の男逮捕 盗撮目的で女性の部屋に...