夏野菜が軒並み価格高騰

東京・台東区のスーパー「PB FARM 佐竹店」では、キュウリ2本が198円(税抜き)で売られていた。
前週は1本33円で売られており、約3倍の価格となっている。

この記事の画像(10枚)

さらに、ナスも1袋5本入り338円(税抜き)という高値で売られていた。

軒並み高騰している夏野菜について、担当者は…

PB FARM 佐竹店・松沼佳一専務:
今週に入って、いきなり価格が上がった感じですね

夏野菜の価格高騰の影響は、夏の人気メニュー「冷やしソバ」(920円)にたっぷりのキュウリをのせて提供しているラーメン店にも出ている。

支那ソバかづ屋・数家豊店主:
仕入れは若干きついなという感じ

東京中央卸市場では、キュウリの卸価格は8月10日で1キロ143円だったが、10日後の20日には499円と、3倍以上に値上がりしている。

さらに他の夏野菜であるナスは、10日時点で277円だったが、20日では389円になっており、トマトは10日時点で232円、20日では同じく389円に値上がりしている。

長雨と豪雨が価格高騰の原因

その背景について、専門家は…

農家ジャーナリスト・松平尚也氏:
日本列島の広域に長雨と豪雨が発生して、農業に影響を与えたことが価格高騰の原因

実際にキュウリを生産する農家に話を聞くと…

群馬・館林市でキュウリを生産する農家・川島英彦さん:
お盆の時期に雨がずっと降っていたので、ハウスに水が溜まって、収穫に影響がでたり、ダメージは大きいです

その影響でキュウリが栄養不足となり、売り物にならないという。

価格の高止まりは半年単位で起こる可能性も

野菜の高値はいつまで続くのか?

農家ジャーナリスト・松平尚也氏:
夏野菜は植え付け時期が過ぎているため、価格の高止まりは数か月から半年単位で起こる可能性もある

(「めざましテレビ」8月23日放送分より)