横浜市長選挙は、8月22日投開票が行われ、立憲民主党が推薦する新人の山中竹春氏(48)が当選を確実にした。山中氏は元横浜市立大学教授。任期満了に伴う横浜市長選挙は、これまでで最も多い8人が立候補した。カジノを含む統合型リゾート=IRの誘致や新型コロナウィルスへの感染症対策が争点となっていた。