「撮影していた時期、卒業について悩んでいた」

映画『スマホを落としただけなのに囚われの殺人鬼』の完成披露イベントが1月29日に東京・千代田区で行われ、千葉雄大さん(30)、白石麻衣さん(27)、成田凌さん(26)、鈴木拡樹さん(34)、井浦新さん(45)、田中秀夫監督が登場した。

この記事の画像(13枚)

落としたスマホをきっかけに、命を狙われるミステリーの第2弾。
前作で事件を解決した千葉さん演じる刑事の加賀屋が主人公となり、白石さん演じる恋人の美乃里が新たに事件に巻き込まれていくストーリー。

千葉雄大:
みなさんを引っ張っていく心づもりで現場に臨んだので、ブイブイ言わせていました

千葉さんの恋人役を演じた白石さんは、乃木坂46からの卒業を発表して以来、初の公の場。

白石麻衣:
去年の夏頃、撮影していた時期に卒業のことも悩んでいて、撮り終わった時に卒業と繋がるものがあって、今かなと思ったので、発表させてもらったんですけど、すごくこの作品に出会えてうれしく思っております

白石麻衣と千葉雄大の恋人シーンに成田凌「うらやましい」

めざましテレビは、イベント後の千葉雄大さん、白石麻衣さん、成田凌さんにインタビュー。

永尾亜子アナウンサー:
体当たりのシーンもあったと思いますが、緊張や不安はなかったですか?

白石麻衣:
緊張はあったんですけど、どこかしら「卒業」という言葉もありつつ。でも、どちらかというと「やってやるぞ」という気持ちが強かったので

永尾亜子アナウンサー:
恋人役はどうでした?

千葉雄大:
白石さんのようなきれいな彼女がいるなんて、恐れ多いですよ

永尾亜子アナウンサー:
カップルのシーンは、うらやましかった?

成田凌:
そりゃあ、うらやましいに決まってるでしょ(笑)

エゴサーチする?千葉雄大・白石麻衣・成田凌がスマホトーク

また、作品にちなみスマホにまつわる質問に〇×で答えてもらった。

永尾亜子アナウンサー:
メールの返信は早い方だ?

この質問に対し、成田凌さんは「〇」の札、白石麻衣さんと千葉雄大さんは「×」の札を上げた。

成田凌:
気付いたらパッと返すので、返さない人の気持ちが分からないくらいです。
LINE100件、メール100件溜まっている人いるじゃないですか?そういう人を見ると、不思議でたまらないですね

千葉雄大:
例えば自分の地元に遊びに行っている友達から、「おすすめの店ある?」って聞かれて、2日後に返して、「いや、もう意味ねぇわ」みたいな。そういうの結構ありますね。どこがいいかなって考えている間に次のやることができてしまって、おろそかになってしまう…

白石麻衣:
わかる~!

千葉雄大:
わかります?

永尾亜子アナウンサー:
エゴサーチしてしまう?

この質問に対して、成田凌さんと白石麻衣さんは「× 」の札、千葉雄大さんは「〇」の札を上げる。

永尾亜子アナウンサー:
千葉さんはエゴサーチされるんですね。

千葉雄大:
今日も帰り道とかすると思いますし、「千葉雄大」って検索すると、忌憚なき意見をいただけますし、「千葉くん」って入れると、肯定的な部分も。そのバランスはとっているんですけど

永尾亜子アナウンサー:
映画のタイトルでもエゴサーチ?

千葉雄大:
そうですね。ご覧いただいた方は、ネタバレなしでつぶやいていただけたら、全部見ますんで!よろしくお願いします

「スマホ世代」の共感を集める映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』は2月21(金)から公開される。

(「めざましテレビ」1月30日放送分より)

めざましテレビ
めざましテレビ
メディア
記事 2077