元警視庁SPを逮捕 

17日、電車で痴漢行為を疑われて逃走。さらに捕まえに来た男性に大けがをさせた男。
13年前の映像には、全く別の姿が映っていた。
男は、大臣の背後で周囲に厳しい目を光らせる要人警護を担当する警視庁のSPだった。

被害者男性の妻がつづったツイッター

被害者男性の妻のツイッター:
「夫が駅構内で痴漢を追いかけ突き飛ばされ階段から転落。駆けつけた時は最悪の事態と言われました」

夫の身に起きた“まさかの事態”について妻がつづったツイート。

今回の事件で逮捕されたのは、警視庁の元SP・品田真男容疑者(52)。
昨日、午前7時ごろ、出勤中の電車内で痴漢行為を疑われ駅員の制止を振り切ってホームから逃走した。

その逃走中に、新たな事件が発生。
取り押さえようとした男性が階段から転落し、意識不明の重体に。

その男性の妻が苦しい胸の内を明らかにした。

被害者男性の妻のツイッター:
「世の中いいことをしても報われないですね。涙が止まりません。」

昨日午前7時ごろ、電車内で痴漢行為を疑われ、都営新宿線・神保町駅のホームから逃走した元警視庁SPで現在会社員の品田真男容疑者(52)。
逃げる品田容疑者を取り押さえようとした20代の男性と、駅の階段でもみ合いになった。

その結果…

安宅晃樹キャスター:
男性は階段から2m下に転落し、頭の骨を折るなど意識不明の重体です。

品田容疑者は20代男性を残し、なおも逃げたが、周りにいた男性らに取り押さえられ、傷害の現行犯で逮捕された。
警視庁のSPだった品田容疑者、2007年に高市早苗大臣のSPを務めていた当時、痴漢行為で逮捕されていた。

安宅晃樹キャスター:
電車内で女子大生の下半身を触り現行犯逮捕されています。

実はこの時も痴漢行為を目撃した男性を突き飛ばしてケガをさせ追送検された。

逮捕された品田容疑者は…

今回、同様の事件でまたしても逮捕された品田容疑者。
調べに対し、こう話している。

品田真男容疑者:
痴漢はしていない。(男性に)つかまれたので振りほどいただけ。

一方、地下鉄車内で痴漢行為に遭ったとされる10代の女性は、一時行方が分からなくなっていたが今日警視庁に名乗り出た。
現在、詳しい話を聞いている。

被害男性の妻はツイッターを更新。

被害者男性の妻のツイッター:
「意識も戻り会話もできてほっとしています。本当に良かったです。」

(Live News it! 2月18日放送分より)